千葉県野田市:小張総合病院・小張総合クリニック
 
個人情報保護方針 サイトマップ
ホー

ム
診療案内
小張総合病院
小張総合クリニック
診療担当医表
休診・代診情報
教室・講座のご案内
検診のご案

内
入院のご案

内
診療部門紹

介
交通案

内
ご意見・お問い合

せ
求人案

内
リンク
人間ドック・健診のご案内
地域医療連携

(財)日本医療機能評価機構
(財)日本医療機能評価機構
認定病院
腎・透析センターのご案内
| 腎・透析センターご案内 | 受付・診療時間 | 腎臓病教室/予防外来 |

医師紹介
腎・透析センターは20床から48床に透析ベッドを増床しました。
また、オンラインHDF(血液ろ過透析)に対応した最新の透析機器の導入により、毒素の除去・水質浄化がより良くなり、腎性貧血・透析アミロイドーシス・透析困難症・皮膚掻痒症の改善など、透析の合併症の軽減を図ることができます。

受付・診察時間

午 前 9:00~12:00 午 後 2:00~5:00
休診日 日曜日
ページ上部へ

腎・透析センターのご紹介

近年、透析医療においては安全かつ清潔な透析液を提供することの重要性が求められているため、当院でも透析清浄化のために透析機器安全管理委員会を設置、よりよい透析液を提供するための取り組みを行っています。
個人用透析機の設置
多くの患者様に透析を施行する為、多人数用透析液供給装置を用いています。また、B型・C型肝炎などの血液感染対策として個人用透析機を設置しています。
透析用個室の設置
感染対策として、2つの個室を設けています。インフルエンザや疥癬などの感染症拡大を防止する事が可能になっています。
透析のオンラインシステム化
オンライン透析支援システムを採用しました。患者様の透析の進行状況・血圧・投薬情報などをパソコンで一括管理する事で、記入漏れなどもの削減、業務の効率化が期待でき、患者様の状態を逸早く観察できるようになります。
熱水消毒
専用の耐熱配管設備により、熱水を用いた消毒を行う可能になります。現在使用している消毒薬と組み合わせる事で、より高い洗浄効果が期待できます。
より効率的な水の利用
透析療法は大量の水を使用します。処理能力の高い装置の導入により水の使用量を大幅に削減する事が可能に。コスト削減効果とともに、より環境に配慮した運用を行っています。
コンピューターシステムで効率性アップ
病院内の電子カルテと透析支援システムというソフトウエアを連動することにより、透析前に患者様が体重計に乗られると機械側で適切な除水量を計算して、各ベットサイドの透析装置へ自動的に送られます。スタッフはそれをもとに当日の透析条件を確認でき、確実な伝達によりヒューマンエラーの防止に繋がります。
また、各ベットサイドの透析装置をシステムとして繋ぐことにより、スタッフは透析中のモニタリングや透析センター全体の状況把握がしやすくなり、業務効率の向上が期待されます。そして、必ず透析スタッフである看護師や臨床工学技士が確認を行うことで透析治療における安全性を高めていきます。
安全で快適な透析治療へ
最新の透析装置といえ定期的な点検やメンテナンスは必要不可欠なため、臨床工学技士が行います。透析装置メーカーのメンテナンス講習へ参加と、臨床の現場での透析機器のトラブルに対する対応や、透析装置内の定期消耗部品の交換などを行っています。また、清潔な透析液を作製する際の水質検査や透析液ラインの洗浄化への取り組みも当院では臨床工学技士が行っています。スタッフはより安全で快適な透析治療を心掛けていきます。
透析患者様専用の出入口、専用の待合から入退室が可能
ページ上部へ

個別指導・腎臓病教室も今まで通り、継続して行っております。
ご不明な点がございましたら、スタッフへお気軽にご相談下さい。

糖尿病の三大合併症の一つである腎機能が低下する糖尿病腎症の進行を遅らせ透析導入を予防する為に当外来では、経験豊富な専門医師・看護師・管理栄養士が連携して指導を行っています。
また、糖尿病で足が気になる方へ「フットケア」についても指導を行っています。
前のページに戻る ページ上部へ



医療法人社団 圭春会 小張総合病院・小張総合クリニック / 〒278-8501 千葉県野田市横内29-1 電話:04-7124-6666 (代表)