メニュー

お知らせ

コロナワクチン集団接種・期間限定アルバイト募集 [2022.01.04更新]

コロナワクチン集団接種・期間限定アルバイト募集

業務内容:会場内誘導、簡単な事務処理、補助作業、整理券の配布など

コロナワクチン接種採用情報

形成外科からのお知らせ [2021.08.28更新]

形成外科では、眼瞼下垂症に対する日帰り手術を行えるようになりました。

形成外科・眼瞼下垂手術のお知らせ

診察日: 金曜日・午前(完全予約制)

お問合せ: 04-7124-6666(小張総合病院・代表)

小児科 頭蓋変形外来新設のお知らせ(小児科専門外来) [2021.06.04更新]

小児科専門外来より頭蓋変形外来について

赤ちゃんの頭の形が気になるご家族の方、お気軽にご相談ください。

2021年7月6日(火)より、小児科専門外来・頭蓋変形外来が新設となります。

担当: 小児科 中ノ森 綾 医師

診察日: 完全予約制・隔週火曜日の午前中

☎ 04-7124-6666(代表)

毎月、外来日が変わりますので、受診をご希望の方は小児科外来へお問い合わせください。

 

立ち会い分娩・面会に関する制限について [2021.10.13更新]

立ち合い分娩・面会に関する制限

重要なお知らせ(最終版) [2021.10.01更新]

新型コロナウィルス感染の終息のお知らせ(最終版)

重要なお知らせ(第三報) [2021.09.13更新]

新型コロナウイルス陽性者発生のお知らせ(第三報)

重要なお知らせ(第二報) [2021.09.09更新]

新型コロナウイルス陽性者発生のお知らせ(第二報)

重要なお知らせ [2021.09.06更新]

新型コロナウイルス陽性患者様発生のお知らせ

産婦人科・野田市個別子宮がん検診の予約開始のお知らせ [2021.05.18更新]

令和3年5月18日(火)より予約受付開始いたしました。

検診実施期間:令和3年6月1日から令和3年11月30日(火) 休診日を除く

令和3年度野田市個別子宮がん検診について

野田市のワクチン予約について [2021.05.07更新]

5月6日から開始になった野田市のワクチン予約は、現在確保済みの20000人分の予約がいっぱいになったため、一時中止となっております。

 

ワクチンは順次供給されていますが、予約の再開は未定となっております。

 

詳しくは野田市ホームページをご覧ください。

新型コロナワクチン接種を当院で受けられる方へ

 

 

 当院での1回目と2回目の新型コロナワクチン接種は終了しております。

面会について

(2022年1月8日更新)

 

1月4日より、面会予約を開始することといたしましたが、

市中で新型コロナウィルス感染者が急激に増加しているため、1/11~の面会予約を中止いたします。

 

 

          

新型コロナウィルス感染防止のため入院患者さまへの面会を原則禁止とさせていただきます。

 ただし、以下のような場合には、受付またはナースステーションでお申し出のうえ、必ず許可を得てくださるようお願いします。

・手術当日

・医師からの来院指示があった場合

・その他、荷物(洗濯物等)の受渡し等

許可があった場合、看護師が体温測定と体調の確認を行い、発熱やその他の症状によってはお断りをさせていただきます。

ご理解とご協力をお願いします。

面会制限について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

新型コロナウイルス感染症について

(2020年9月26日更新)

新型コロナウイルス感染症について、詳しくはこちらをご覧ください。

発熱による受診について

37.3度以上ある方は、院内に入れません。

・受診される際には、必ず事前にお問い合わせください。

 04-7124-6666

【クリニック発熱外来】

月曜日から金曜日(土曜・日曜・祝祭日を除く)

受付時間 午前8:30~11:00

【夜間・休日の場合】

発熱の診療は、解熱剤等による経過観察となる場合があります。

新型コロナウィルスのPCR・インフルエンザの検査等は実施することが出来ませんのでご了承ください。

※小児科は、インフルエンザ検査のみ医師が判断します。

外来患者さま及び来院者対象 発熱チェック実施のお願い

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、来院された患者さまや付き添いの方などすべての皆さまに、

病院正面入口にて体温測定と体調チェックを実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

支援品ご寄贈の御礼

 

新型コロナウィルス感染症への対応につきまして、個人、企業、団体の多くの皆さまから医療資材のご寄贈や食品の差し入れをいただきました。

皆さまからの温かいご支援に職員一同、大きな励みとなり、とても勇気づけられております。心より感謝申しあげます。

地域の中核病院として、患者さまの命と健康を守り、安全な診療体制に繋げるため、有効に活用させていただきます。

今後とも当院の活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

 

2020年9月

医療法人社団 圭春会 小張総合病院

院長 二宮 浩樹

交通案内

〒278-8501
千葉県野田市横内29-1

大きい地図はこちら

小張メディカルグループのご案内

理事長挨拶

良質な医療を提供し、信頼される病院を目指します
地域医療の発展に努め、地域の皆さまの健康を守ります
地域の皆さまに対して、明るく思いやりのある心で接します

皆さまには日頃から小張総合病院、小張総合クリニックの運営にご理解、ご支援をいただき感謝申し上げます。地域医療の充実と発展を目指して開設いたしました当院が、地域に根ざした医療活動を展開できるまでに至り、多少なりとも地域の皆さまのお役に立てたことは喜ばしいかぎりであります。
当院の歴史は、1942年の診療所開設に始まり、1985年に現在の場所である横内に24時間救急医療体制の病院を開設いたしました。2003年には総合クリニックを開設し、「医療内容の充実と、地域に密着した心の医療の実践」を基本理念として運営してまいりました。そして、急性期病院として「医療の原点は救急にあり」を信条に、年間4,400~4,500台の救急車を受け入れております。また、関連施設には老人保健施設(野田ライフケアセンター)、特別養護老人ホーム(松葉園)があり、医療のみならず介護、福祉に至るまで、地域の皆さまの健康を守るという役割を果たしております。
当院がこれまで発展してこられたのは、職員の努力は勿論のこと、地域の皆さまに当院の基本理念を理解していただき、愛され信頼されたからであります。どんなときでも大切なのは「心の医療」であり、病気を治すという役割はもちろんのこと、常に「何かできることはないか」「何とかしてあげられないか」、職員一人ひとりが考えて行動する心の医療を大切にしております。地域の皆さまと私たち職員が心温まる豊かな人間関係を築き、今後も医療活動を通じて皆さまの生命という、いちばん大切な財産を守り続けていきたいと考えております。
今後も、地域医療の発展のため、当院が担う急性期病院としての役割を果たすべく、職員一丸となって尚一層努力していく所存です。皆さまには、より一層のご理解とご支援をいただきますよう心よりお願い申し上げます。

院長挨拶

小張総合病院は「医療内容の充実と地域に密着した心の医療の実践」を基本理念とする、350床の急性期病院です。

2021年度を迎え、ご挨拶を申し上げます。

昨年度は世界中が新型コロナウイルス感染症で大変な状態でした。日本では、昨年1月のダイヤモンドプリンセス号から始まり、その後4月、7月、12月と感染の波が繰り返し起こりました。当院においては、基幹病院としての使命を果たすため、ダイヤモンドプリンセス号の感染者の受け入れから新型コロナウイルス感染症の治療に取り組みました。当時、民間病院でこの感染症を受け入れている病院はほとんど無く、横浜から患者さまが転送され、当院にて治療を開始いたしました。

万全の感染予防策をとっていたものの、職員にとっては初めての経験で、不安の中で対応が始まりました。その後、駐車場にプレハブを建てて発熱外来を開始。新たに病院内に新型コロナ専用病棟を開設いたしました。職員及びそのご家族への風評被害が少なからずありました。秋になって、民間病院で新型コロナ感染症を受け入れている病院は2割にも満たない事を知って愕然といたしました。当院の職員には多くの無理を強いましたが、職員全員の高い使命感と、感染対策への真摯な対応で、診療を継続しております。私は、当院の職員を本当に誇りに思い、深く感謝しております。

また、多くの市民の皆さまや企業の方々、野田市をはじめとして行政から暖かい応援やご支援を賜り、大きな勇気と元気を頂戴いたしました。この場を借りて心より御礼申し上げます。

新型コロナウイルスの蔓延に伴い、それ以外の医療にもいろいろな支障を来しました。救急をお待たせしたり、手術や治療、検査等が延期されたり、外来診療期間を延ばしたりして、多くの患者さまにご心配やご不便をおかけいたしました。現在当院では、来院される方全員の発熱チェック、体調チェックを入り口で行い、区分した専用の発熱外来を設けて、安全な医療を行っております。新型コロナ専用CTを設置し、院内遺伝子増幅検査、抗原定量検査を施行して救急患者さまの速やかなトリアージを行っております。地域の救急医療、高度医療に支障を来さないように、患者さまの安全をお守り出来るように、病院全体で取り組んでおります。

皆さまにとって、本当に役に立つ病院を目指しております。

まだまだ不十分な所もございますが、今後とも引き続き努力を続けてまいりますので、小張総合病院をよろしくお願いいたします。

2021年4月吉日

院長 二宮 浩樹

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME