メニュー

心臓血管外科

心臓血管外科 診療紹介

  • 心臓血管外科専門医認定機構 認定修練施設の関連施設として認定されました
  • 最新の治療法腹部大動脈瘤のステントグラフト内挿術を導入しております。
  • 下肢静脈瘤はラジオ波(保険適応)を導入しております。

当科は、一般社団法人 National Clinical Database(NCD)が実施する症例データベース事業に参加しています。 >>詳しくはこちらをご覧ください

小張総合クリニック、小張総合病院

虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス術を中心に、心臓血管外科領域の 外科的治療を行っております。

また、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術や、下肢静脈瘤のラジオ波等、身体の負担の少ない低侵襲な治療も積極的に行っております。

  • 冠動脈バイパス術は、長期開存を期待し動脈グラフト(内胸動脈・橈骨動脈・胃大網動脈)を使用しております。また、手術侵襲の軽減を目的とした、最新の心拍動下多枝冠動脈バイパス手術、および左前胸部小切開による心拍動下冠動脈バイパス手術が可能で、高齢者や複合重症合併症を有する方に効果的な術式です。
  • 弁膜症疾患では、自己弁温存を目的とした僧帽弁・三尖弁の形成術、大動脈弁では機械弁、生体弁による弁置換術のみならず、生理的な形態を有した大動脈基部付き大動脈弁(ブタ)の使用も可能な施設です。
  • 腹部大動脈瘤は、最新の治療法として、血管にカテーテルを挿入して人工血管を患部に留置する、ステントグラフト内挿術を導入しております。
  • 下肢静脈瘤は、ラジオ波を導入しています。

 症状により、入院手術が必要な場合もあります。まずは担当医にお気軽にご相談ください。

 術式紹介
心臓手術 虚血性心疾患 ・狭心症,心筋梗塞
心停止下,心拍動下および小切開心拍動下冠動脈バイパス術。
当院では優秀な血管カテーテル治療医との連携によりカテーテル治療とバイパス術を組み合わせた治療も可能です。
弁膜症 ・大動脈弁閉鎖不全(狭窄)症
大動脈弁置換術 (機械弁,生体弁,フリースタイル弁等)
・僧帽弁閉鎖不全(狭窄)症
僧帽弁形成術,僧帽弁置換術(機械弁,生体弁)
・三尖弁閉鎖不全症
三尖弁形成術,三尖弁置換術
先天性心疾患(成人症例) ・心房中隔欠損症
・心室中隔欠損症
・動脈管開存症
 など
心室瘤 ・心室瘤切除術,Dor手術など
不整脈手術 ・心房細動→メイズ手術
血管手術 大動脈疾患
(上行・弓部・下行・腹部)
・真性大動脈瘤,解離性大動脈瘤
→人工血管置換術、ステントグラフト内挿術(腹部)
・大動脈弁輪拡張症
→Bentall手術 (大動脈基部置換術)
下肢動脈疾患 ・急性下肢動脈閉塞症
→血栓除去術,血栓溶解療法など
・慢性閉塞性動脈硬化症
→人工血管,大伏在静脈を用いた血行再建術。 症例によってはカテーテルによる血管形成術も可能です。
下肢静脈疾患 ・下肢静脈瘤
→静脈抜去・高位結紮術、ラジオ波
下肢静脈瘤の手術について詳しくはこちらをご覧ください。

小張総合クリニック受付時間

午前8:15~11:00 午後 13:30~16:00

※当科では原則として予約制をとっておりますが、新患・紹介の方は、受付時間内に随時受け付けております。
また、急患の方は24時間オンコール体制で診療に当たっています。

医師紹介

医師名 稲村 順二 (いなむら じゅんぞう)
役職名 心臓血管外科医長
診療科 心臓血管外科
専門分野 心臓血管外科一般
資格・所属学会

心臓血管外科 専門医
日本外科学会 外科専門医
胸部ステントグラフト指導医
腹部ステントグラフト指導医
浅大腿動脈ステントグラフト実施医
下肢動脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による指導医
日本血管外科学会認定血管内治療医

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME