メニュー

沿革

昭和17年 9月 野田市野田529番地に内科診療所を開設
昭和26年 2月 野田市吉春29番地に結核患者の収容を目的とした結核療養所136床(一般8床)を開設
昭和30年 1月 医療法人 圭春会 小張病院を設立
昭和45年 9月 内科診療所を鉄筋コンクリート3階建、病床数30床の病院を新築、救急指定病院となる。
昭和30年 1月 医療法人 圭春会 小張病院を設立
昭和45年 9月 内科診療所を鉄筋コンクリート3階建、病床数30床の病院を新築、救急指定病院となる。
昭和51年 3月 結核療養所を閉鎖し、本院を50床に増床
昭和58年 3月 新病院建築委員会発足設計開始
 昭和60年  4月  野田市横内29番1に病床数192床にて24時間救急医療体制病院を開設、 医療法人社団 圭春会 小張病院とし旧本院を同附属診療所とする
 昭和61年  5月 心臓血管胸部外科を新設
昭和63年 3月 診療科目の増設並びに増床134床に伴う増改築工事について病院開設許可事項中一部変更が許可される
昭和63年 10月 基準看護特I類承認される
平成元年 8月 増改築工事着工
平成2年 9月 増築棟竣工
平成2年 11月 産婦人科を新設
平成3年 3月 病床数326床の許可がされる
平成3年 4月 耳鼻咽喉科、小児科を新設
平成3年 5月 名称使用承認により、医療法人社団 圭春会 小張総合病院となる
 平成4年  6月  基準給食特別管理給食加算承認される
 平成4年  11月  基準看護特II類承認される
 平成5年 8月   薬剤管理指導料(400点業務)承認される
 平成7年  9月  厚生省による県立野田看護専門学校の看護婦養成所指定申請実地調査が完了
 平成8年  3月  新看護2.5対1(B加算)及び看護補助10対1加算承認される
平成8年 4月 小張 淑男が理事長専任となる
山内 俊忠が院長に就任する
平成8年 5月 老人保健施設(野田ライフケアセンター)オープン (在宅介護支援センター、訪問看護ステーション、クリニックを併設)
平成8年 7月 新看護2.5対1(A加算)及び看護補助10対1加算承認される
平成9年 7月 看護師寮、保育施設竣工
平成10年 6月 小児難聴言語外来を新設
平成10年 9月 総合リハビリテーション承認される
平成11年 4月 小児科医平日夜間当直体制実施
平成11年 6月 腎糖尿病内科を新設
平成11年 10月 人工透析外来が稼働
 平成12年 4月   麻酔科を新設
小児科医365日当直体制実施
 平成12年 9月   小張総合クリニック設計開始
 平成13年  4月  電子カルテ導入準備開始
 平成14年  5月  小張総合クリニック着工
平成14年 8月 救急医学科を新設
平成14年 9月 病棟オーダリング開始
平成14年 12月 小張総合クリニック竣工
平成15年 3月 医療法人社団 圭春会 小張総合クリニック開設及び電子カルテ稼動
情報システム課を新設
平成15年 5月 病院改修工事開始
平成15年 8月 透析室の増床完了(7床から20床へ)
平成15年  9月  病理部を新設
 平成15年 10月   臨床研修指定病院に指定される
リハビリテーションルームの移設・拡充
 平成15年  11月  5B病棟開設
野田市委託事業ひばりルーム(病児・病後児保育室)開設
 平成16年  2月  回復期リハビリテーション病棟(5B病棟)承認
(平成20年7月一般病棟へ転換)
 平成16年 3月  地域医療連携室を新設
法人設立50周年記念式典開催
 平成16年  5月  結核モデル病床の認可取得
 平成16年  7月  小張総合病院外壁補修工事
職員食堂移転(7階→別棟)
野田市消防本部の救急救命士による気管挿管の実習開始
 平成16年  8月  画像診断管理加算1が承認される
 平成16年  10月   診療情報管理室を新設
 平成16年 11月   画像診断管理加算2が承認される
 平成17年  5月  日本医療機能評価受審(Ver4.0)
 平成17年  6月  小張総合病院附属診療所を電子カルテ化
(本院のサーバに接続)
DPC調査協力に参加(平成17年10月まで)
 平成17年  7月  亜急性期入院管理料が承認される
看護支援・医療過誤防止支援システム導入準備委員会発足
薬剤部の当直開始
 平成17年  8月  病児・病後時保育室『ひばりルーム』移設新築
 平成17年  9月  クレジットカード決済取り扱い開始(入院・外来会計)
平成17年 10月 新健診システム稼動
平成18年 2月  病棟電子カルテ導入
服薬指導支援システム導入
日本医療機能評価機構 病院機能評価認定
平成18年 3月 DPC(包括評価制度)対象病院認定(6月開始)
平成18年 4月 冨岡 一幸が院長に就任する
山内 俊忠が名誉院長に就任する
診療報酬改定に伴い、新規施設基準が承認される
(詳細は概要をご覧ください)
平成18年 6月 DPC対象病院として請求が始まる
平成18年 7月 DPC対象病院として調査協力病院に参加
(平成18年12月まで)
平成18年 9月 一般病棟入院基本料 10対1入院基本料が承認される
平成18年 12月 一般病棟入院基本料  7対1入院基本料が承認される
新型MRI(1.5テスラ)導入
平成19年 8月 病院フィルムレス化
平成19年 9月 特別養護老人ホーム(松葉園)開設
尾崎台クリニック(高齢者専用賃貸住宅ココファン内)開設
平成19年 12月 電子カルテサーババージョンアップ
平成20年 4月 特定集中治療室管理料承認
平成20年 5月 64列マルチスライスCT導入
平成20年 7月 全病棟7棟入院基本料 区分A(7:1看護職員配置)が承認される。
平成21年 12月 デジタルマンモ導入
健診車4号機導入
平成22年 3月 第2看護師寮竣工
平成22年 10月 病床数350床へ増床許可承認
平成23年 4月 二宮 浩樹が院長に就任する
冨岡 一幸が名誉院長に就任する
平成23年 7月 日本医療機能評価機構 病院機能評価認定(更新)
平成23年 11月 開放型病院に承認
 平成23年  12月  千葉県がん診療連携協力病院指定(胃がん・大腸がん)
 平成24年  7月  小張総合病院新棟着工
 平成25年  6月  千葉県がん診療連携協力病院指定(肺がん)
小張総合病院新棟竣工
 平成25年  7月  腎・透析センター(48床)、産婦人科・小児科の外来、病棟(46床)を備えた医療法人社団 圭春会 小張総合病院C棟を開設
 平成26年  7月  ICU(4床→6床)増床
 平成26年  8月  HCU(4床→8床)増床)
 平成26年  10月  柏労働基準協会より衛生管理優良事業所として表彰をうける
日本赤十字社より金色有功章の表彰を受ける
コンビニエンスストア・ミニストップ(院内・CL売店)オープン
 平成27年  1月  難病患者指定医療機関指定(新制度)
小児慢性特定疾病医療機関指定(新制度)
2A病棟・入院透析室開設
 平成27年  3月  電子カルテ・看護システム・医事システム更新
放射線部門業務システム(RIS)導入
平成27年 10月 事業所内保育所「ひばり保育園」が認可保育園となる
平成28年 1月 日本医療機能評価機構 病院機能評価3rdG:Ver1.1 受審
平成28年 4月 小張力 理事長に就任
平成28年 8月 日本医療機能評価機構 病院機能評価3rdG:Ver1.1更新認定
平成28年 9月 地域包括ケア病棟開設
平成28年 10月 内視鏡室拡充
平成29年 12月 小張総合病院附属診療所休止
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME