メニュー

診療実績/臨床指標(Ql)

臨床指標(DPC)

はじめに

病院指標とは医療の質(病院の機能や診療の状況など)を具体的な数値で示して客観的に評価できるようにしたものです。
 このデータは、DPCデータを用いて厚生労働省からの全国統一された定義と形式で作成していますので、診断群分類別患者数や手術件数は当院の全体を示したものではありません。また、短期滞在手術等基本料3の対象患者様(ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)、乳腺腫瘍摘出術、白内障手術、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術、終夜睡眠ポリグラフィー検査、子宮鏡下子宮筋腫摘出術、子宮頚部(腟部)切除術、小児食物アレルギー負荷検査、下肢静脈瘤手術、前立腺針生検検査、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術等)についても、集計の対象外となるため反映されていません。

DPCとは

DPCとは「Diagnois(診断)、Procedure(治療)、Combination(組み合わせ)」の略です。疾患(診断病名)を基に18種類に分類され、さらに手術・処置の治療によって14桁のコード(DPCコード)に細かく分類されます。

DPCデータによる病院指標(平成30年度)

1.年齢階級別患者数
2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位 5 位まで)
3.初発の5大癌の UICC 病期分類別ならびに再発患者数
4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
5.脳梗塞の ICD10 別患者数等
6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

対象

平成30年4月1日から平成31年3月31日に退院した症例
・厚生労働省に提出したDPCデータを基に作成
・年齢は、入院時点の年齢を使用
・健康保険を使用した症例

対象外データ

・10件未満の症例数
・24時間以内に死亡した症例
・生後1週間以内に死亡した新生児の症例
・臓器移植の症例
・国で定められた「短期滞在手術基本料3」等のDPCの分類とならない症例

 

臨床指標(QI)

qi_index

医療の質の指標(Quality Indicator Project)

当院は、平成24年度より社団法人日本病院会が実施するQI推進事業に参加しております。
患者様に安心と満足を提供できる病院を目指し、「医療の質指標(Quality Indicator:QI)」を測定・公表します。
医療の質を測るものさしとして、さまざまな機能を数値化し、当院の改善につなげることをめざします。

 診療実績

外来             

 入院

救急             

 手術 

人間ドック・健診 

その他

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME