メニュー

院長挨拶

小張総合病院は「医療内容の充実と地域に密着した心の医療の実践」を基本理念とする、350床の急性期病院です。

院長

令和2年度を迎え、ご挨拶を申し上げます。

現在、世界中に新型コロナウイルス感染が蔓延し、おおいなる脅威となっています。

当院は、地域の基幹病院として、外来患者様、入院患者様の安全を確保しつつ、必要とされる患者様に対しては、新型コロナウイルス感染者も含め、対応してまいります。

入院患者様におかれましては、万全の感染対策を行い、感染の危険性のある方とそうでない方は区域して治療を行っています。

外来患者様は、発熱及び呼吸器症状のある患者様は一般の患者様と区域を分けて診療を行っております。外来受付で発熱及び呼吸器症状のある方はお申し出ください。

職員含めて感染者を出さないように、十分な注意をはらって感染対策を行なっています。患者様のプライバシーを尊重しながら、適切な情報発信を行ってまいります。

皆様のご理解とご協力を御願いいたします。

今年度は新たに耳鼻科に常勤医師として高野先生を迎えることが出来ました。毎日外来を開始し、手術もおこなってまいりますので、是非ご利用ください。

4月には、多くの新人職員を迎えました。当院の基本理念である「医療内容の充実と地域に密着した心の医療」が実践出来るように指導してまいります。卒業したばかりの初期研修医も8名迎えています。早く医師として皆様のお役に立てるように努力してまいります。

野田市を中心として、近隣の春日部市、吉川市、流山市、柏市、常総市からも多くの患者様が来院されます。当院を頼ってくださる患者様及びその御家族の信頼に応えられるように、我々職員一同、基本理念を大切にして職務に励んでおります。

①医療内容の充実 

 日々進歩する最新の医療を、安全な形で皆様に提供出来るように努めています。特にこの地域にとって重要である救急医療、高齢者医療、がん医療を中心に提供しています。24時間二次救急医療を展開し、野田市の救急車の6割以上を受けています。年間の救急車受入台数は4500台と、地域の中では突出しています。重篤な疾患に対応出来るように、集中治療室(6床)、ハイケアユニット(8床)を備えて、24時問365日、医師、看護師、薬剤師、放射線科技師、検査技師が待機しており、夜問休日も含めて医師6-7名が常時病院内に勤務しているのは、近隣では、東京慈恵会医科大学附属柏病院と当院のみです。

 そして、患者様の不測の事態に対応出来るように、からだの各部門に対応する専門家を内科と外科で揃えています。頭部は神経内科と脳神経外科、心臓は循環器内科と心臓血管外科、肺は呼吸器内科と呼吸器外科、腹部は消化器内科と外科、腎臓は腎臓内科と泌尿器科、他に整形外科、耳鼻科、眼科、産婦人科、小児科と、ほぼすべての疾患に対応することができます。

 医療レベルの充実のため、多くの大学病院(日本大学、筑波大学、順天堂大学等)やがんセンターと連携し、専門医の派遣とともに、教授、准教授に外来を依頼しております。受診をご希望のかたは申し出ていただければ手配いたします。

 悪性腫瘍に対しては、県指定のがん協力病院に認定され、緩和ケアや情報発信も積極的に行っておりますので、ご相談ください。セカンドオピニオンの依頼も承っております。

 開かれた病院、機能を高める病院となるために、外部評価も積極的に受けております。①日本医療機能評価機構認定 ②日本病院会のクリニカルインディケータープロジェクト参加 ③厚生労働省院内感染対策サーベイランス事業による感染症サーベイランス参加 ④各種学会認定施設・修練施設 ⑤各大学関連施設・研修施設になっています。

 また、医師の教育研修病院として、多くの研修医の育成を積極的に行っており、優秀な医師を育てています。

②地域密着

 野田市を中心とした地域の医療体制を支える病院を目指しています。24時間二次救急はその現れですが、クリニックの先生方や介護保険施設等の皆様と協力して、開放型病床の展開、共同診療、高機能機器の共同利用、医療関係者に役立つ勉強会の開催を行っております。また、患者様への情報提供のため、医療相談室の充実や、皆様の興味の高い疾患の講演会を開催しています。感染症に関しても、結核を含む指定感染症医療機関として、保健所の指導の下、積極的に受け入れています。千葉県で不足している小児難聴外来も行っています。

③心の医療

 患者様やご家族の身体だけでなく、心も癒やしたい、病気ではなく人を診る医療をしたい。そういった想いは当院で勤務する職員皆が持っています。常にそれを実践することは、難しい事ではありますが、小張総合病院の職員は、心の医療を胸に刻み、地域の皆様の健康を普段よりお守りするとともに、いざというときに頼りになる病院を目指して、これからもより一層の努力をしてまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME