メニュー

呼吸器外科

呼吸器外科 診療紹介

当科は、一般社団法人 National Clinical Database(NCD)が実施する症例データベース事業に参加しています。 
>>詳しくはこちらをご覧ください

小張総合クリニック、 小張総合病院 

呼吸器外科では、肺・縦隔などの胸部の疾患を専門的に診療を行っています。
主な対象疾患としては、肺癌や転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍などの腫瘍性疾患、気胸や肺嚢胞などの嚢胞性肺疾患、膿胸や肺化膿症などの炎症性疾患があげられます。このほか呼吸器外科が扱う手術としては、重症筋無力症に対する拡大胸腺切除術、手掌多汗症に対する手術などがあります。

当院は、日本呼吸器外科学会認定関連施設として、呼吸器外科専門医2名、日本胸部外科学会認定3名、日本呼吸器外科指導医1名のスタッフで、万全の体制で呼吸器手術に対応しております。

当院では

肺癌

新聞などでよくご存知と思いますが、肺癌は近年、年々増加しており悪性新生物による死亡原因の第1位を占めるようになっています。喫煙がもっとも大きな原因で、扁平上皮癌、腺癌、大細胞癌、小細胞癌などの組織のタイプ(組織型)があります。組織型と癌の広がりを評価してどのような治療方針を取るかが決定されます。肺癌は不治の病なのでしょうか?そのようなことはありません。早期肺癌の8割以上が手術で助かります。従って、早期に発見することが大変重要なのです。早期発見のためには住民検診や職場検診を必ず受けることが必要です。また、咳、痰、胸痛、発熱、食欲不振などの症状が見られたら、すぐに呼吸器の専門家に見てもらうことも大切です。当院では呼吸器内科と十分な連携をとり、EBMに基づいた診断と治療をおこなっております。胸腔鏡手術を導入して従来の開胸による肺癌手術と比べ傷を小さくすることにより、手術の負担を軽くし、入院期間の短縮をはかることで患者さまの負担軽減を目指しています。また術後のフォローアップ、そして再発に対する治療などを行っています。

転移性肺腫瘍

大腸癌や乳癌など他の臓器の癌が肺に転移をした腫瘍を転移性肺腫瘍といいます。低侵襲の胸腔鏡手術により腫瘍を切除することによって根治を期待できます。

縦隔腫瘍

胸腺腫、奇形腫、神経の成分からなる腫瘍、嚢胞など様々なものがあり、悪性のものも良性のものもあります。治療は一部を除いて原則的には手術による切除です。

気胸

10~20歳代の若い男性に多い疾患で肺が破れて窒気が漏れ、肺が虚脱します。肺虚脱のひどい場合は、まず胸腔内にチューブを入れて吸引(胸腔ドレナージ)を行って肺を広げますが、空気漏れがなかなか止まらない場合や再発した場合は手術を行うのが普通です。

膿胸、肺化膿症

感染症であり、原則的には内科的治療が行われますが、治りの悪い場合や、悪性腫瘍の合併が疑われる場合は手術を行うことがあります。

重症筋無力症

神経と筋の接合部で刺激がうまく伝達されなくなって筋力が低下する疾患で、内科的治療も行われますが、胸腺(縦隔の前方に位置している)の摘出術が有効な場合があります。

もしこのような症状がある場合には、ご相談ください。

小張総合クリニック 受付・診療時間


詳しくは下記ページをご確認ください。


外来診療担当表

医師紹介

morio2

医師名 守尾 篤(もりお あつし)
役職名 副医局長
呼吸器外科部長
診療科 呼吸器外科
卒業大学 神戸大学(順天堂大学)
順天堂大学非常勤講師
専門分野 肺癌
所属学会

日本外科学会
日本胸部外科学会
日本呼吸器外科学会
日本呼吸器内視鏡学会
日本肺癌学会
日本癌治療学会
日本内視鏡外科学会

日本呼吸器学会

認定資格 日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本呼吸器外科学会認定呼吸器外科専門医・評議員
日本呼吸器内視鏡学会認定指導医・気管支鏡専門医
日本胸部外科学会認定専門医・指導医
日本がん治療認定医
医学博士
ひとこと 安全な呼吸器外科手術を行っています
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME