メニュー

整形外科

整形外科診療紹介

小張総合クリニック

整形外科では、診療の対象とする疾患は事故やスポーツによる外傷や腰痛、
関節痛といった慢性疾患まで幅広く手がけております。
最近は医療技術の進歩により手術的治療が優先されがちですが、MRIやCTなどに
よる精度の高い診断を行い、投薬・注射・理学療法を併用して自然治癒力を促して、
できる限り手術をせずに治療していきたいと考えます。
最近は高齢化社会により骨粗鬆症に伴う骨折が増加しております。骨密度の測定を行い、骨粗鬆症の治療を行うことによって骨折を防ぐ予防医学にも力を入れていきます。

対象疾患

変性疾患 変形性脊椎症、変形性関節症、骨粗鬆症
神経障害 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、末梢神経障害
炎症性疾患 慢性関節リウマチ、関節炎、腱鞘炎、痛風
外傷性疾患 打撲、捻挫、骨折、脱臼、筋・靭帯・腱損傷

 患者さまの痛みの原因を調べ、それに対処する方法をアドバイスいたします。
そして、その人にあった治療法を検討していきます。
年だからとあきらめる前にお気軽にご相談ください。

受付・診察時間

受付時間等は下記、外来診療担当表をご参照ください。

外来診療担当表

小張総合病院

最近は医療技術の進歩によりリハビリの早期化・短縮化が行われ、麻酔も安全で苦痛のないものへと進歩しています。当院における手術の特徴について説明いたします。

早期リハビリ療法

大腿骨頸部骨折は高齢者に多い骨折です。受傷時より歩行不能になるため寝たきりになる危険が高いです。当科では手術翌日より、車椅子乗車、起立・歩行訓練を行い早期離床・早期リハビリを行っています。術後は回復期リハビリ病棟に移って、リハビリに専念し、杖歩行による退院を目指します。

手術時間の短縮

整形外科の手術は時間がかかると出血量が増え、感染の危険も高くなります。
当科では手術の無駄をはぶいて手術時間を短縮して、合併症の予防を行っています。

平均手術時間例
大腿骨頸部骨折骨接合術 30分
人工骨頭置換術 45分
人工股関節置換術 75分

術後感染の発症は、過去4年間、430例中1例もありません。

最小侵襲手術

大きなずれがない骨折や関節面の骨折などは、小皮切による手術を行います。
術後早期に動かせる、傷が小さい、侵襲が少ないため骨癒合が早いなどのメリットがあります。

以上が当院の手術の特徴の一部ですが、患者さん個人により、状況が異なります。

当院では安全で迅速な手術、苦痛や侵襲の少ない手術(その人にとって一番適した手術を選択していきたいと考えております)を行い、術後は早期リハビリ治療による早期社会復帰を目指しております。

医師紹介

h.soma

医師名 相馬 大鋭(そうま ひろとき)
役職名 整形外科部長
診療科 整形外科
卒業大学 秋田大学
専門分野 脊椎
所属学会 日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
認定資格 日本整形外科学会専門医
ひとこと 痛みの治療に力を入れて取り組んでいます。お気軽に御相談下さい。

医師名 小松 太一(こまつ たいち)
診療科 整形外科
卒業大学 日本大学
所属学会

日本整形外科学会

JOSKAS

日本臨床スポーツ医学会

日本整形外科スポーツ医学会

日本肩関節学会

日本整形外科超音波学会

日本骨折治療学会

認定資格

日本整形外科学会専門医

日本整形外科学会認定リウマチ医

日本スポーツ協会公認スポーツドクター

ひとこと スポーツ整形外科、膝関節と肩関節の関節鏡手術を中心に治療を行っております。お困りの際はご相談下さい。

 

illust

医師名 坂井 映太(さかい えいた)
診療科 整形外科
卒業大学 金沢医科大学
所属学会

日本整形外科学会

日本骨折治療学会

東日本整形災害外科学会

ひとこと よろしくお願い致します。

 

illust

医師名 德橋 泰明(とくはし やすあき)
役職名 日本大学医学部整形外科学系整形外科分野主任教授
診療科 整形外科
卒業大学 日本大学医学部卒
専門分野 整形外科
脊椎・脊髄外科
所属学会 日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本脊髄障害医学会
北米脊椎外科学会
国際脊髄医学会
ひとこと 信条は「何事も一歩から」
「打って、守れて、走れる整形外科医をめざして」
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME