メニュー

病理診断科の紹介

当部は、平成16年2月より業務を開始いたしました。

生検および手術材料の病理組織診断、術中迅速診断、細胞診、解剖を行っています。
これらは他の病院と同じですが、当院では誤診を防ぐために、病理組織診断については医師2人でダブルチェックを行っています。

細胞診については資格を持った技師が2人います。

組織診および細胞診の両面から、患者様によりよい医療をご提供できるよう、努力してまいりたいと考えております。

検査項目

  • 病理組織診
    病理組織診において、ヘマトキシリン・エオジン染色(Hematoxylin-Eosin,HE染色)が日常不可欠な基本染色法であり、病変の構造・成分をより詳細に観察するために、特殊染色(免疫組織化学染色)などを行っております。
  • 細胞診
    細胞診においては、パパニコロウ染色(Papanicolaon Stain)を、基本的な染色法として行っております。

医師紹介

医師名 菅 原  修(すがわら おさむ)
役職名 病理診断科部長
診療科 病理診断科
卒業大学 東京大学
専門分野 非上皮性腫瘍・骨髄
所属学会 日本病理学会
日本臨床細胞学会
認定資格 日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
医学博士
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME