メニュー

輸血拒否患者様への対応

当院では、以下の基本法則に則り、宗教上の理由による輸血拒否について対応いたします。何卒ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

基本方針

  • 原則として、輸血を必要とする治療が行われる可能性がある場合、宗教上の理由を元に拒否される患者様の診療および治療は行わず、転院を勧告いたします。(※1 絶対的無論血の拒否)
  • 輸血を行う必要がない治療および検査に関しては、全ての患者様に対し、最善を尽くした医療を提供いたします。
  • 全ての手術や出血する可能性のある治療および検査では、輸血を伴う可能性があり、輸血無しでは生命の維持が困難となった場合は輸血を行います。(※2 相対的無論血の方針)
  • 救命のため、同意書が得られない場合でも輸血を行うことがあります。
  • また、輸血を行う場合、患者様ご本人およびご家族(※3)に対し十分に説明し、輸血同意書を取得するように最大限努力いたします。
  • なお、患者様およびご家族(※3)との話し合いの内容や診療状況等の記録は、全て診療録に記録いたします。
  • 輸血拒否をする患者様はまたそのご家族(※3)より免責証明書・絶対的無論血治療に関する同意書等は受理・署名はいたしません。

※1 絶対的無論血 患者様の意思を尊重し、例えいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。

※2 相対的無論血 患者様の意思を尊重して可能な限り無論血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至った時には輸血をするという立場・考え方。

※3 家族 1親等の親族(両親、子供、配偶者)をいう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME