メニュー

臨床研修

2025年度採用について

初期研修の方はこちら

病院紹介

医学生・研修医の皆さまへ

臨床研修責任者 牧嶋信行
卒業大学 昭和大学
専門分野 循環器内科

良い医師とは何でしょうか。私は、①患者さまの心と身体の両方をケア出来る人間と考えています。その比率は患者さまの状態や、科の特性によって様々です。救急では、素早い診断と処置が必要であり、不安や心配への対応は短時間になります。初めて癌が見つかり、治療を受けることになったり、生活習慣病等で長い闘病生活を続けないと行けない場合は、メンタルのケアが重要となります。研修医の時代は、そのような、いろいろな条件の患者さまを経験し、見学だけでなく、診療に深く関わることにより、自分自身の診療スタイルの確立に向けて研鑽を積み上げていくことになります。将来、何科に進むにせよ、医師としての根幹の部分を作るのが最初の2年間です。

当院の研修では、

(1)コミュニケーション能力の向上が見込めます。

(2)ありふれた疾患から珍しい症例まで、幅広く経験できます。

(3)診療の見学ではなく、主治医として指導医とともに、積極的に関与します。

(4)CPR手技、中心静脈、気管内挿管等の救急対応技術、外科手技一般を効率的に学べます。

(5)数多くの症例を経験でき、多くの科をローテーション可能です。

当院には、諸君のロールモデルとなる素晴らしい指導医達がおり、一緒に働くのを待っています。救急を中心とした中規模総合病院、 メディカルスタッフの顔が見えるアットホームな雰囲気、豊かな自然環境にありながら、 都心へのアクセスが便利であるといった当院の特徴を活かして、一人一人の研修医を大切にした、希望を考慮したオーダーメイドの 研修を行います。決して詰め込みではない、興味のある分野を取り入れた無理のない研修こそが、自分の実力をつけ、 将来の道を決める近道であると考えます。

当院の標準的な研修スケジュールを提示します。また、別表のように、研修医の希望に応じてオーダーメードのプログラムを作成することが可能です。

ぜひ、我々と一緒に地域に密着した、心の医療を実践していこうではありませんか。
まずは見学におこしください。

研修を振り返って

研修医 新野 智
卒業大学 旭川医科大学
  • 豊富な症例
    年間4000台近くの救急車を受け入れ、がん治療から風邪まで幅広い症例を見ることができます。主治医としても見ることができ、能動的な研修ができます。
  • 豊富な手技
    採血からCV挿入、トロッカー挿入、カテーテル治療、挿管、上下部内視鏡等様々な手技を経験できます。
  • 福利厚生の充実
    職員食堂、寮、職員旅行、バレーボール大会等様々なアクティブティもあります。
  • 働きやすい雰囲気
    他職種、上級医師との距離が近く、気軽に相談できます。また、プライベートでも出かけることもあるくらい本当に距離が近いです。
  • 研修医のみの部屋
    他病院と大きく異なります。空いた時間は研修医のみで過ごすことができます。シャワー、ソファー、仮眠室等があり快適です。

何はともあれ、一度見学にいらしてください。来てみて、雰囲気を感じてください。
見学も午後からなので、お気軽にいらしてください!!

年次報告

初期研修の方はこちら

専攻医の方はこちら

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME