メニュー

救急科

突然のけがや病気…小張総合病院 救急医学科は24時間365日、そんな突然にも備えています。

救急科 診療紹介

特徴

救急外来では救急車の受け入れを中心とした救急患者の対応を24時間行っています。救急患者さまは二次救急までを対象としています。現在野田市の約8割の救急車が当院へ搬送されます。

救急車が搬送される救急処置室、一般の救急患者を診療する内科・外科・小児科の各診察ブース、点滴などを行う救急回復室など、患者さまの容態や状態に合わせ落着いて治療を受けて頂けるように、機能別に各部屋を分けております。

スタッフは救急科担当の医師が日勤帯の診療を行います。時間外は内科・外科・小児科の各担当医が診療し、看護師・技師・事務職員が診療をサポートしております。

他の病院でも同様ですが、各スタッフは少しでも早く診療をし、患者さまの容態を良くしてお帰りいただこうと努力をしていますが、時間外には多くの救急患者さまが集中してまいります。その為、どうしても診療までに時間がかかる場合がございます。職員一同努力しておりますが、多少お時間がかかる場合もございます。あらかじめご了承ください。

患者様へ

当院は24時間救急対応ですが、時間外は1日分のみの処方となっているため、再度翌日にクリニックに来院する必要があります。状況により患者さまに、翌日のクリニックの診療時間内に来院していただくこともございます。クリニックの診療時間内であれば、各専門の医師の診療を受けることができ、また投薬日数も2日分以上の処方が行われます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME