メニュー

腎・糖尿病内科

腎・糖尿病内科 診療紹介

小張総合クリニック

腎・糖尿病内科は、腎臓病、高血圧症、糖尿病の患者様のための内科です。もし、検診などでなどで、血圧が上が140以上、もしくは、下が80以上あれば高血圧症です。是非受診して下さい。高血圧を放置すると、将来、腎臓が悪くなって腎不全となり、透析が必要となることもありますし、脳梗塞、心筋梗塞となることもあります。検尿で蛋白尿、または血尿がある場合は腎臓の専門家の受診が必要です。すぐに、腎・糖尿病内科を受診されることをおすすめします。

糖尿病は良くある病気ですが、糖尿病は合併症が起こらなければ怖い病気ではありません。腎・糖尿病内科は、糖尿病の合併症(腎、眼、神経、心、脳、血管)の専門家です。糖尿病といわれたら、是非御相談ください。

また、年一回程度、市民公開講座(無料)を開催しております。
次回予定は、決まり次第ホームページ又は広報にてお知らせします。
興味がある方は、ぜひご参加をお待ちしております。

受付・診察時間

午 前  8:15~11:00

腎・糖尿病内科 診療紹介

小張総合病院

腎・糖尿病内科では、平成15年8月に、20床の血液透析(HD)室と腹膜透析(CAPD)室が新設され、腹膜透析、血液透析の設備が整いました。
慢性腎不全、急性腎不全、劇症肝炎、薬物中毒などに対しておこなわれる質の高い体外循環治療を、救急室と有機的に結合して速やかに行えるようになりました。

平成25年7月には、C棟1Fに外来透析専用の腎・透析センターが新設されました。新施設は、20床から48床に透析ベッドが増床となりました。
また、オンラインHDF(血液ろ過透析)に対応した最新の透析機器の導入や、環境に配慮した機器の洗浄システム等、より充実した施設となっております。
オンラインHDF(血液ろ過透析)は、毒素の除去、水質の浄化が良く、様々な透析の合併症を防ぐ可能性が高まります。

もし、慢性腎不全といわれた方で、透析医療が近い将来必要といわれた場合、多くの施設では、血液透析しか選択できません。
当施設では、その方の状態によって、一般的な血液透析の他に、限られた専門医により行われる腹膜透析(高齢者、心臓の悪い方、血管の状態が悪くシャントの発育が悪い方などに向く方法)、渡辺修一副院長が考案した腹膜透析と血液透析の利点を組み合わせた方法(PD+HD併用療法)も受けることができます。
是非御相談下さい。

平成25年7月16日(火)より C棟が開院しました。
外来透析(血液透析・腹膜透析)は、7月16日(火)より、C棟1F腎・透析センター
となっております。

詳しくは、腎・透析センターのご案内をご覧ください。

こちらもご覧ください

医師紹介

渡辺 修一(わたなべ しゅういち)

watanabe2

役職名 小張総合病院透析センター長
診療科 腎・糖尿病内科
卒業大学 北海道大学
専門分野 腹膜透析・腎臓病・糖尿病
所属学会 日本透析医学会
日本腹膜透析研究会幹事
日本糖尿病学会
日本腎臓学会
日本外科学会
認定資格 日本外科学会認定登録医
日本透析医学会専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
臨床研修指導医
医学博士
ひとこと 野田市のためにがんばります。

岩永 伸也(いわなが しんや)

iwanaga

役職名 腎・糖尿病内科部長
診療科 腎・糖尿病内科
卒業大学 東京慈恵会医科大学
専門分野 内科(腎臓・糖尿病)
所属学会 日本内科学会
日本透析医学会
日本糖尿病学会
日本腎臓学会
認定資格 日本内科学会認定内科医
日本透析医学会専門医

徳田 直子(とくだ なおこ)

tokuda

役職名 腎・糖尿病内科医長
診療科 腎・糖尿病内科
卒業大学 東邦大学
専門分野 内科(腎臓・糖尿病)
所属学会 日本泌尿器科学会
認定資格 日本泌尿器科学会認定専門医
医学博士
ひとこと 地域医療に貢献できる様、がんばります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME